顕微鏡とラバーダムを使用した根管治療

treatment

  1. ラバーダム利点と欠点 根管治療の場合

    根管治療の場合、ラバーダムの利点は、安心、安全。欠点は、費用。

    1、まず、ラバーダムとは

    ゴムシートは、薄く柔らかいゴムシートです。歯に装着し、お口の中と治療の歯の間に、ゴムシートで境界を作るものです。

     

    ラバーダム

    ピンセットでつまんだ、ラバーダム

    2、ラバーダムは安心です。

    2-1、治療が精密になるから、安心です。

    歯だけが露出し、視野をさえぎる頬や舌が近づかないので、顕微鏡が使いやすくなります。

    顕微鏡は歯を拡大して、精密な治療を行います。

    顕微鏡とラバーダムのセットで、とても精密な治療となるのです。

    2-2、接着のエラーがなくなるから、安心です。

    現代の歯科治療は、歯科材料を歯へ接着するという治療で成り立っています。

    例えば、歯に詰め物をする。冠、ブリッジをセメントで歯に接着するなど、歯科治療のほとんどが、何かを歯に接着する治療なのです。

    この接着は、唾液や、呼気中の湿気で妨害されます。

    ラバーダムは湿気を防ぎ、接着が強くなります。

    さらに、接着後の処理を、顕微鏡で詳細に行うのです。

    接着前、接着中、接着後がうまくいくので、接着治療が成功するのです。

    2-3、菌が混入しないから、安心です。

    根の病気は、根の中(根管)で菌が繁殖する病気です。

    ラバーダムは、唾液を遮断し、根管への菌の混入が防げます。

    ラバーダムを使うと、歯の神経の治療(根管治療)の成功率が90%台に高まります。

    (ラバーダムしない根管治療は成功率6割程度)

     

    根管治療とラバーダム

    根管治療とラバーダム

    以上の様に、ラバーダムをすると、詰め物や、根管治療、冠、ブリッジという、歯科治療の大部分がうまくいく。だから、安心なのです。

     

    3、ラバーダムは安全です。

    3-1、 器具や薬液でケガをしません。

    歯に頬や舌が近寄ってきませんから、器具でお口の中をケガする事がありません。

    3-2、小器具、詰め物を飲み込みません。

    飲込むと恐いものがあります。それは、根の治療(根管治療)に使う、針状の器具(リーマー、Kファイル)です。針状ですから、飲み込むと、腸内でのアクシデントが心配です。ファイルでなくても、気管に入ると、取出すのが大変です。

    ラバーダムがあれば、飲んだり気管に入ったりしません。

    歯科では、うっかり飲みそうな小さなものを日常的に扱います。ラバーダムなしの治療は、案外と危険ですよ。

    以上の様に、ケガもしないし、胃腸、気管や肺を傷つける心配がない。安全治療ですね。

     

    4、さらに、ラバーダムは楽です

    4-1、冷却水や洗浄水は、ラバーダム上で吸引され、お口に流れ込みません。

    4-2、お口を無理に開けなくても、自然に開きます。

    4-3、お口の中に水を溜めておく苦労がありません。

    4-4、息も普通にできます。

    だから、当院の治療は、治療中に寝る事ができるのです。

    ラバーダムを使うと、患者さんも楽ですね。

     

    • このように、当院は、常時、顕微鏡+ラバーダムを使用する医院です。

    治療するなら精密に、確実に、できるだけ再治療を防げるよう、色んな対策を考えて治療をしております。どうぞご安心くださいませ。

     

    5、ラバーダムの欠点

    強いて言えば費用位のものです。多くても1回200円以内と思われます。

    薬液漏れ防止のコーキング剤が必要で、ラバーだけの充填処置よりは費用がかかります。

    歯科用のコーキング剤は結構価格が高いのです。

    根管治療では、ラバーダムの欠点は、費用以外には特に見当たりません。根管治療においては、1本の露出となるため、装着も容易だからです。

     

     

  2. マイクロスコープ使用で レジンコアを作る 広島の歯医者

    • マイクロスコープ使用で レジンコアを作る 広島の歯医者

    • レジンコア接着前の歯の清掃は、意外と大事です

    歯とレジンコアの接着は、歯のひび割れ、破折を防ぐために重要です。この治療が広島でできます。

    • ラバーダムをします

    現在の歯科治療は、ほとんどが接着を必要とします。

    接着は、湿気で阻害されますので、必ずラバーダムを行います。

    • 側壁の汚れの観察

    湿気以外に、歯と接着剤の接着を阻害するのが、仮の蓋(仮封剤)の残りです。微細な付着片が沢山あります。仮着材は、歯にゆるく付着しているだけで接着していませんし、接着剤にも接着しませんので、歯とコア材の接着を阻害する要因になるのです。

    面積にしてどの位でしょうか。仮に、表面積の60%に仮封剤の微小な付着があるとすると、接着力は、60%低下する事になります。

    • 象牙質の清掃後

    明らかに新鮮な象牙質表面が露出したのが分かります。

    この面に、接着剤を介して、コア材を接着させたいのです。

    • 清掃前

    歯の内部を、上から見た所です。

    そんなに汚れてないように見えますが、下の清掃後と比べると、明らかに新鮮な象牙質面が得られていない事が分かります。

    • 清掃後

    乾燥した状態で、この様に見えます。新鮮な象牙質面とは、こんなにきれいだったのかと思う位です。

    • 接着剤(ボンディング剤)の光重合

    ある波長の青色光を照射します。

    • コア材の注入

    コンポジットレジンを注入します。

    • 歯冠形成

    歯の外形を整え、冠を被せる用意をします。

    歯の外形を整える作業(歯冠形成)も、顕微鏡下で行います。

    • 阻害要因の排除

    以上の様に、各段階、接着を阻害する要因を厳密に排除して、治療過程を進めていかないと、うまくいかない事が分かります。

    最低、ラバーダムは必須です。

    ラバーダムをしないという事は、最初から失敗している様なものかもしれませんね。お気を付け下さい。

    以上の様に、すべてマイクロスコープで治療を行うのです。このような高度な治療が、広島で行っている歯医者さん。それが、アルパーク歯科・矯正歯科です。
    治療のメリット・デメリット、副作用等はこちら
    料金表

     

  3. 根管治療前の虫歯除去も マイクロスコープで行う 広島の歯医者

    • 根管治療前の虫歯除去も マイクロスコープで行う 広島の歯医者

    根管治療前の虫歯除去も マイクロスコープで行う 広島の歯医者、それがアルパーク歯科・矯正歯科です。

    虫歯が深くて、神経が死んでしまった歯の根管治療です。

    • 虫歯を除去します

    虫歯から神経の部屋に、小孔が開いているのが分かります。

    • だいたい除去しました

    虫歯の除去は、だいたいではだめです。

    • う蝕検知液で虫歯を染め出します

    案外、広い範囲に、虫歯が残っている事が分かります。

    う蝕検知液を使わずに、肉眼で茶色に変色している部分だけ除去していると、虫歯を取り残しているという事です。

    • 軟化象牙質除去を、数回繰り返します

    虫歯は、健康な部分より、柔らかくなっている事が多く、大体は除去中の手の感覚で分かります。最後の詰めは、う蝕検知液で確かめなければなりません。

    • 再度、う蝕検知液で染め出します

    意外と虫歯が残っているものです。

    • 完全に除去できました

    これで、安心して次の作業=隔壁を作る事ができます。

    • 接着剤の光重合

    接着剤を光で固めます。

    • 歯の頭(歯冠)の側壁をつくります

    隔壁と言って、歯の横の壁をつくります。ラバーダムと隔壁で、根管内と口腔内を隔て、口腔内からの菌の混入を防ごうという事です。

    • 隔壁ができました

    根だけになった歯に、コンポジットレジンを何重にも盛り上げ、側壁の高さを確保します。

    • 根管洗浄後

    根管内は、拡大清掃、消毒され、きれいになりました。

    • 根管充填

    根管充填剤(ガッタパーチャポイント)の小片を、熱で温めて軟化し、充填と圧迫し、根管の隅々に圧入します。

    • 根充後

    緊密に根管充填できました。

    1. 軟化象牙質=虫歯を完全に除去した事
    2. ラバーダムと隔壁を併用した事

    により、菌の根管内への混入を防ぐ事ができました。

    もう一段階、注意しないといけない点があります。

    1. 歯の頭部の開放孔の閉鎖=コア(支台築造)まで、無菌状態を維持する事
    2. 菌の漏れのない、コアを作る事

    です。

    これがクリアーできれば、安心して、歯の頭を作る作業(歯冠修復)ができるのです。
    治療のメリット・デメリット、副作用等はこちら
    料金表

     

     

     

  4. 前歯の根管治療も マイクロスコープで治せる 広島の歯医者

    前歯の根管治療も マイクロスコープで治せる 広島の歯医者

    当院は、どんな根管治療もマイクロスコープを常時使って治療します。このケースは、根の先が化膿しているため、根管治療を行います。

    • 前歯の冠を外した所です。

    remove of PMF crown

    神経のない歯は、冠を外すとこうなっているのです。金属の心棒(メタルコア)がセメントで装着されています。

    • メタルコアの除去

    remove of metal core

    金属部分だけを削って、歯根からメタルコアを取り除きます。

    • メタルコアを除去した所

    remove of metal core

    歯根に入っていた心棒の部分(ポスト)が、黒く変色しています。

    内部はひどく汚れていたようです。

    • 根管内は汚れています

    debris in root canal

    セメントは無機質の硬いセメントですが、ボロボロに崩れています。

    • 根管充填剤も汚れています

    debris of root canal filling material

    本来、清潔なはずの根管充填剤も、このように汚れています。

    この菌、根の中の菌が、根管充填剤と歯根の間を浸み込んで、根の先まで到達するのです。

    • 根管消毒

    cleaning of root canal

    通法通り、根管拡大、洗浄、消毒を行います。

    • きれいになった根管

    after cleaning of root canal

    この写真では、暗くて良く見えませんが、根管はきれいになっています。

    • 根管充填

    root canal filling

    根管充填剤(ガッタパーチャ)の小片を、熱で軟化して充填、圧接します。

    • 根管充填後

    after root canal filling

    緊密に根管充填できました。

    以上のやり直し例では、適切に消毒されているはずの根管が、とても汚れていました。

    根管治療時に、無菌的操作が、行われなかったのでしょうか。

    また、根管充填後、前歯ですから仮歯をつけますが、仮歯の不十分な接着のため、唾液や菌が浸み込んだのでしょうか。

    いずれにしても、最初の写真のしっかりしたように見えるメタルコアの下が、こんなに不衛生だとは、想像できないですね。

    • 根管治療には、マイクロスコープ(顕微鏡)と、ラバーダムが必須

    マイクロスコープ(顕微鏡)は、内部の汚れをちゃんと見せてくれます。適正な治療に役立ちます。

    また、マイクロスコープの写真は、患者さんに、治療中の写真を見て頂き、納得の治療ができますし、治療がうまくいかない原因もお見せする事ができます。

    マイクロスコープで詳細に撮影されますので、治療の失敗もすべて明らかになりますから、不注意な治療はは許されませんね。

    ラバーダムをすると、唾液など、お口の中に触れる事がなく、誤って菌を根管内に持ち込む危険がほぼなくなります。
    治療のメリット・デメリット、副作用等はこちら
    料金表

     

    どんな治療ですか?   治療結果は?     どんな医院ですか?  アクセスと治療費は?

    根管治療の実例へ   治療体験談へ     院長あいさつへ     アクセスへ

    前歯の治療例へ                   医院紹介へ       治療費へ

    ほぼ痛くない根管治療へ

     

    ご来院は TEL : 082-501-1117 まで

    問診票をダウンロード 頂き、ご来院時に、お持ちくださいませ。

     

  5. 大臼歯の根管充填も マイクロスコープを使う 広島の歯医者

    • 大臼歯の根管充填も マイクロスコープを使う 広島の歯医者

    当院は、根管充填も、マイクロスコープを使う、広島の歯医者、それがアルパーク歯科・矯正歯科です。

    • 消毒後の、大臼歯内部

    after cleaning of root canal

    苦労して、根管治療し、いよいよ、これから、根管充填という、最後のステップです。うまくいきますように・・・。

    ラバーダムがしてあります。ラバーと歯の境目にある白い「ヌメヌメ」は、コーキング剤です。

    唾液が漏れ出てこない様に、また、根管内に使った薬液がラバーと歯のすきまからお口の中に入らないように、コーキングを行います。歯科用のコーキング剤は、ほんのわずかな量が、割と高価です。特殊用途なので、すべての材料がこんな調子で、比較的高価です。本当に困ります。

    • 根管充填剤の挿入

    insert root canal filling material

    棒状の根管充填剤(ガッタパーチャポイント)を根管に挿入し、根管の入口で切り取ります。

    • ダウンパック

    down pack

    熱した押し棒(プラガー)で根管充填剤を溶かしながら、圧をかけます。

    • ダウンパック後

    down pack

    根管奥に充填されました。

    • 他の根管も同様です

    root canal filling

    根管入口(根管口)で、根管充填剤(ガッタパーチャポイント)を切り取ります。

    • 熱したプラガーで圧接します。

    cut of root canal filling material

    プラガーとは、の先端が、160度200度などの指定の温度になるよう、工夫された治療器具です。

    • ダウンパック

    down pack

    根管奥に根管充填されました。

    • 根管充填後

    back fill

    他の根も、根管口まで溶けた根管充填剤を流し込み(バックフィル)、根管充填を終えます。

    これから、緊密な仮封をして、次回の土台の作成(支台築造=レジンコア)に備えます。

    この様な、精密な治療は、マイクロスコープなしでは行えません。当院にはマイクロスコープが6台ありますので、どんな治療もマイクロスコープが使えます。この様な治療が広島でできます。
    治療のメリット・デメリット、副作用等はこちら
    料金表

    ご相談、治療後希望の方は、広島のアルパーク歯科・矯正歯科まで、どうぞ。