こんな時どうしたらいい?

example

根だけの歯も マイクロスコープによる根管治療で治せる 広島の歯医者

  • 根だけの歯も マイクロスコープによる根管治療で治せる 広島の歯医者

当院は、根だけになってしまった歯でも、マイクロスコープを使った根管治療で治せる、広島の歯医者、アルパーク歯科・矯正歯科です。

  • 根幹治療には、必須のラバーダム

歯間がない歯にラバーダム

歯は歯根だけ。歯茎から出ている歯の頭(歯冠)が全然ない状態です。

ラバーダムを歯に取り付ける金具(クランプ)を、色んなタイプを試して、何とかして歯に装着しました。

こんな時のために、いろんなタイプのクランプ100種類は持っていると思います。日頃は決まったタイプのクランプでいいのですが、種類の多さが役立つ時もあります。

  • 周囲の壁も必須

wall

歯の周囲の壁(隔壁)を作ります。

こうすれば、次回からクランプが掛けやすく、また、唾液などの混入がよりよく防げます。

  • 根管の入口を出します

acsess of root canal

acsess of root canal

この歯には、根管の入口(根管口)が3つあります。

入口を漏斗状に広げ、今後使う器具が入りやすいようにします。

  • 根管清掃

cleaning of root canal

根の先まで道をつけ(根管拡大)、汚物を除去し、薬液で消毒します。

  • エンドアクチベーター

endo activator

薬液を撹拌する器具を使い、洗浄効果を高めます。

  • 根管清掃後

after cleaning of root canal

消毒を終えた歯です。

乾燥させ、根管充填に移ります。乾燥には、無水エタノールを使用する事もあります。

  • 根管充填

filling of root canal

根管充填剤(ガッタパーチャ)の小片を、熱で軟化し、押し棒(プラガー)で圧入します。

  • ダウンパック

root canal filling

左 の根管に充填したのに、右にも根管充填剤があふれてきました。2つの根管の間に、左右の根管の交通路があるという事です。よく根管洗浄されている証拠で す。根管間の交通路に汚物が残っていたら、あふれ出たガッタパーチャで、汚物が押し出されてきますが、それはありません。

  • 根管充填後

after root canal filling

根管口1mm手前までで、充填を終えます。

緊密に根管充填できています。

ラバーダムの色で分かりますが、隔壁作成から根管充填までに、数回かかっているのがおわかりでしょうか。

  • 治療の成功は隔壁のおかげ

安全に根管治療を終える事ができたのは、マイクロスコープを使い、隔壁を作ったおかげです。

根だけになった、歯冠のない歯でも、ちゃんと根管治療でき、歯が使えるようになるのです。

隔壁成功のポイントは、隔壁作成前に、虫歯を完全に除去する事です。

  1. 虫歯には、隔壁の材料(コンポジットレジン)が接着しない
  2. 虫歯内の菌が、根管内に混入する

という理由です。

  • 「抜いてインプラントを」と勧められた

最近では、他院で「抜いてインプラントにしたら」と勧められるケースも多々あるようです。

インプラントの予知性が高まっているからというのがその理由です。

ですが、根だけになってしまった歯でも、このように手間暇かけてやれば、ちゃんと使えるわけですから、当院では、根管治療に力を入れています。

ですが、無理なケースも根管治療に持ち込むというのはフェアーではありません。インプラントの選択が正しいケースもあると思います。そんな場合は、ちゃんと正しい選択をしたいものです。