こんな時どうしたらいい?

example

割れた歯も マイクロスコープによる根管治療で治せる 広島の歯医者

 

  • 割れた歯も マイクロスコープによる根管治療で治せる 広島の歯医者

当院は、割れた歯も、マイクロスコープを使用した根管治療で治せる、広島の歯医者、アルパーク歯科・矯正歯科です。

割れた歯は、通常は抜歯となります。割れた歯を接着して使いたいとのご希望でした。治療後は問題なく噛めているそうです。

  • 普通に根管治療の予定でした

噛むと痛かった歯です。根管充填剤を除去します。

  • 膿が出てきました

根の外の組織は、かなり化膿しているようです。

  • まだ残っています

残った根管充填剤を良く調べて除去します。

  • 引っ張り出します

少しづつ引っ張り出します。膿が出てくるのですから、小さな根の先の穴(根尖孔)が、大きく破壊されているかもしれないので、汚物を押し出さないよう、細心の注意を払います。この様な細かい治療は、マイクロスコープがないとできません。

  • こんな大きなのが出てきました

かなり汚れています。これでは根の先の組織が化膿するはずです。

赤い充填物の手前側が、根の先方向に向いて充填されていたのです。

よく見ると、左側にくぼみが見えます。このくぼみは、今回根の先まで器具を通した跡です。細い針金状のKファイルが、この充填物の横を通って、根の先まで達したのです。1回器具が根の先まで通ったからと言って、油断してはいけないのです。この様な汚物が残っているかも知れないのです。

このような汚物を、細かく発見できるのが、最大の顕微鏡の利点です。

  • 出血してきました

充填剤が、根の先の組織に陥入していたのでしょう。充填剤を除去すると、圧迫が取れ、出血してきました。

  • まだ側壁に残存物があります

こんなわずかな残存物も、きれいに取りましょう。

  • 細い器具で掻き取ります

耳かき状の、細い器具で、ドンドン掻き取ります。

  • ヒビを染め出します

神経のない歯はひび割れを起こしている事が、時々ありますので、着色して検査します。

根管治療の際は、全例、ひび割れのチェックをしています。

  • ヒビです

大きな破折線があります。

この様な微細な状態を観察しようとすると、マイクロスコープ以外に方法がありません。

  • 反対側も割れています

  • 抜いて、割れ目を接着します

どうしても残したいとのご希望でしたので、いったん抜歯して、ひび割れを接着する方法を取りました。

破折面を開くと、かなり汚れていましたので、パウダーを吹き付ける方法で清掃し、根管治療も済ませた後に、接着します。

  • 再び歯を植えました

接着した歯を、抜歯した穴に戻し、隣の歯と連結して固定します。

  • 今の所、噛んでも何ともありません

噛めなかった歯が、うれしい事に、噛んでも何ともないそうです。

できるだけ長く使えて欲しいものです。

この様な、歯を残す治療ができるのは、マイクロスコープを常時使う技術があるからです。

治療のご希望の方は、広島のアルパーク歯科・矯正歯科までどうぞ。