こんな時どうしたらいい?

example

歯根にひびが入った歯も マイクロスコープで治療できる 広島の歯医者

  • 歯根にひびが入った歯も マイクロスコープで治療できる 広島の歯医者

歯根にひびが入った歯も マイクロスコープで治療できる 広島の歯医者、それがアルパーク歯科・矯正歯科です。

歯の根にひびが入った歯は、通常、抜歯となります。しかし、接着技法を、マイクロスコープで応用する事により、今まで治せなかった歯も、使えるようになりました。

  •  歯根にひびが入っています。

明らかに歯にひびがあります。

ヒビの面が、少し開いていますから、そのうち、割れてしまうでしょう。

  • ヒビの汚物の除去

ヒビを削ります。割れた線に沿って、薄く削っていき、汚物を取り除きます。

  • 表面ギリギリまで削除

歯の内側から、歯肉組織ギリギリまで、割れ目付近の歯質を削除していきます。

  • 根の先方向にも

割れ目(破折線)のある所、根の奥深くまで、追及します。

  • 接着します

接着剤を注入します。歯全体を内側から接着材で固めます。

  • 歯冠形成します

できるだけたくさんの心棒(ポスト)を使い、補強しています。表面に見えない、内部にもっと沢山のポストが入っています。

  • 噛んでもなんともない

治療後は、「噛んでも何ともない」との事で、治療がうまくいっている事が分かります。

できるだけ、長く使えるようになって欲しいものですね。